back_bu"
forschool_title
・修学旅行事前学習<広島
アオギリにたくして
アオギリにたくして

平和記念公園内にそびえる樹木「被爆アオギリ」の下で、被爆体験を語っていた故・沼田鈴子をモデルにしたドラマ。

広島の原爆投下で被爆した上に片足を失い、婚約者も戦争で亡くした女性教師がたどる運命を描いていく。メガホンを取るのは、作家としても活躍する中村柊斗。原日出子、渡辺裕之、風見しんごら、実力派俳優が結集。決して途絶えることのない戦争と原爆への怒り、いかなる状況でも前に進む人間の強さを訴えた物語が胸を打つ。

監督:中村柊斗
主な出演:原日出子 渡辺裕之 風見しんご 斉藤とも子 菅井玲 塩出純子
2013年/2時間/日本/日本語

夏休みの地図
夏休みの地図

親子三代で楽しめる、新・ひろしま物語。

戦後の焼け野原から復興した広島を舞台に、街の地図を作り上げようとする小学生の姿を通じて、今も昔も変わらない人間の強さと未来への希望を描く。

監督:深作健太
主な出演:本屋敷健太 奥菜恵 山本太郎
2012年/1時間36分/日本/日本語

夕凪の街、桜の国
p1-36

生きとってくれて、ありがとう。

文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の悲劇を描いています。主演は、若手実力派女優の田中麗奈と麻生久美子。共演には中越典子、藤村志保、堺正章ら多彩な顔ぶれが集結。登場人物たちの人生や何気ない日常生活を通し、命の尊さを語りかけてきます。

監督:佐々部 清
主な出演:田中 麗奈、麻生 久美子、吉沢 悠、藤村 志保
2008年公開/118分/日本

父と暮らせば
p1-37

おとったん、ありがとありました。

戦後の広島で、原爆から独り生き残った後ろめたさから自らの幸せを拒否して生きる娘と、幽霊となり彼女の恋を懸命に後押しする父との4日間の交流を優しく綴ったヒューマン・ドラマです。井上ひさし原作による名作舞台を映画化。「TOMORROW 明日」「美しい夏キリシマ」に続く黒木和雄監督の“戦争レクイエム三部作”完結編。後世に語り継がれるべき悲劇を真摯に伝える入魂の一本です。

監督:黒木 和雄
主な出演:宮沢 りえ、原田 芳雄、浅野 忠信
2004年公開/99分/日本

黒い雨
p1-38

死ぬために、生きているのではありません。

井伏鱒二の同名小説を「楢山節考」の今村昌平監督が映画化。原爆による“黒い雨”を浴びたたために人生を狂わされた一人の若い女性とそれを温かく見守る叔父夫婦のふれあい、そして被爆後遺症に苦しむ人々の姿を静かに淡々と描いていく。1945年8月6日、広島に原爆が投下される。その時、郊外の疎開先にいた矢須子は直後に降ってきた真っ黒な雨を浴びてしまう。5年後、叔父夫婦に引き取られた矢須子のもとへは縁談の話が持ち込まれるが、“ピカに遭った女”という噂からいつも破談になってしまう…。

監督:今村 昌平
主な出演:田中 好子、北村 和夫、市原 悦子
1989年公開/123分/日本

はだしのゲン
p1-53

一瞬にして原爆焦土となったヒロシマで、
たくましく生きぬく少年ゲン!

世代を超えて読み継がれる、中沢啓治の反戦漫画の劇場アニメ化。1945年4月の広島。国民学校(戦時中の小学校)2年生の中岡ゲンは、父親の大吉が戦争を批判したことから非国民の子といわれていた。だが苦渋の生活に耐える一家の前で8月6日、広島にピカ(原子爆弾)が投下。ゲンは父、姉、弟を一瞬のうちに失った。残された家族を支えながら必死に、逞しく生きるゲンの姿を通して、戦争の惨さ、愚かさを伝える名作アニメ。

製作・原作・脚本:中沢 啓治
監督:真崎 守
1983年公開/85分/日本




rogo