back_bu"
forschool_title
・親子で楽しむ(2)
こびと劇場/こびと劇場2
こびと劇場/こびと劇場2

こびとを見たことありますか?

2006年より刊行されベストセラーとなり、キャラクター商品もヒットを記録している絵本シリーズ「こびとづかん」の映画版第3弾。カクレモモジリ、ユキオトコビト、リトルハナガシラといった人気のこびとが織り成す冒険の模様や知られざる生態を、コマ撮り撮影などの技術を駆使したバラエティーに富んだ映像で紹介していく。独特で摩訶(まか)不思議なこびとたちのデザインやユニークなネーミングもさることながら、細かいところまできちんと作りこまれた設定も見どころです。

原作:なばたとしたか(「こびとづかん」シリーズ)
主な出演こびと:「こびと劇場」カクレモモジリ/シボリオオチチ/バイブスマダラ/ヤマビコビト
「こびと劇場2」 リトルハナガシラ/シノビイエコビト/ヒメイエコビト/マモリコモリ
2012年全国ロードショー作品/日本/49分(「こびと劇場」)45分(「こびと劇場2」)

やなせたかしシアター
『ハルのふえ/アンパンマンがうまれた日』crown
p1-14

はなれていても、ずっといっしょ。

「アンパンマン」シリーズの原作者、やなせたかしの名作絵本「ハルのふえ」が、待望のアニメーション映画となりました。 タヌキのハルは宙返りと草笛が上手な森の人気者。ある日、森で人間の赤ちゃんを拾う。ハルは人間のおかあさんに化けて赤ちゃんをパルと名付けて育てる。赤ちゃんはすくすくと大きくなり、ハルにならって草笛を吹く姿を、通りがかりの著名な音楽家に才能を見出され、音楽の勉強をするために都会へ出かけることになる。ハルは別れの寂しさをこらえ、バルの幸せを祈って見送る。そしてパルがいつ、傷ついて戻ってきてもいいように自分は人間のままで暮らす決意をする。やがて、あることをきっかけにハルは姿を消してしまう。フルートの名演奏家となったパルがハルを探して森へ戻ってきたとき、思いもよらない奇跡が起きた・・・。 短編「アンパンマンが生まれた日」が同時上映作品として添えられています。

原作:やなせたかし
主な声の出演:戸田惠子(パル)/野沢雅子(ハル)
2012年全国ロードショー作品/日本/48分 (短編は10分)

大恐竜時代
タルボサウルスVSティラノサウルス
p1-19

恐竜王はどいつだ!?

舞台は8千万年前の白亜紀。森の王様タルボサウルス家族の末っ子に生まれたパッチ。母親や兄弟と平和に暮らすパッチだったが、初めての狩りで帝王の座を狙う、赤いティラノサウルス=レックスの卑劣な策略によって、家族を失ってしまう。
テリジノサウルス、ヘナミクヌスなど多くの凶暴な恐竜が存在する世界。この弱肉強食の時代に、幼いパッチはたった一人で生きていくはめに・・・
なんとか、生き残り成長したパッチはメスのプルヌと出会い穏やかな生活を共にする。しかし、あのレックスが再びパッチの前に立ちはだかる。また、同じくして、地球規模で異変が起こり始める。火山が一斉に噴火し始め、地殻変動が起こったのだ。いま、生き残りをかけた恐竜たちの大バトルが幕を開ける。果たしてパッチはレックスと自然災害から家族を守り抜き、楽園に到着することができるか?
これまで恐竜は主に北米地域で生息していたと伝えられてきたが、アジアにも多くの恐竜が生息していたという事実に注目した本作。今まで一度も明かされなかった世界中の白亜紀の恐竜時代をリアルに再現。『ライフ-いのちをつなぐ物語』、『アース』といったネイチャードキュメンタリー映画を凌ぐ、全く新しい恐竜ドキュメンタリー映画である。(上映時間:90分)

監督:ハン・サンホ
日本語吹替えナレーション:小松史法/松元恵
2012年全国ロードショー作品/韓国/90分

宇宙ショーへようこそ
p1-20

修学旅行は、宇宙でした。

美しい自然に囲まれた小さな村、村川村。小学校の生徒はわずか5人。毎年恒例の、子供たちだけで行う夏合宿の初日、夏紀たちは裏山で傷ついた犬を見つけた。手当をしてやると・・・。
「ありがとう、おかげで助かりました。」
「!」
何と、彼、ポチ・リックマンは犬ではなく、遥か2100万光年先にある惑星プラネット・ワンからやってきた宇宙人だったのだ。礼をしたいというポチの案内で、夏紀たちは月に行くことに。宇宙一の人気テレビ番組「宇宙ショー」を見るなど、月での観光を満喫する。
しかし、ポチの口からは意外な一言が。
「事情が変わった・・・地球へ帰れなくなった。」
「ええーっ!?」
夏合宿が終わるまであと一週間。怪しい宇宙人にも狙われる中、夏紀たちは無事地球へ帰れるのか? 小学生5人と1匹の、宇宙を巡る大冒険が今始まる!

監督:舛成孝二
主な声優:黒沢ともよ 生月歩花 吉永拓斗
2010年全国ロードショー作品/日本/136分

ぼくとママの黄色い自転車
p2-2

ママ、おぼえてますか、ぼくのことを。

新堂冬樹のベストセラー「僕の行く道」を、映画「子ぎつねヘレン」の俊英、河野圭太が映画化した作品。一人の少年の冒険と成長を通して、家族の絆と深い愛情、そして彼を巡る人々の温かい心を詩情豊かに描き出しています。主人公の少年役には『いま、会いにゆきます』の武井証、記憶障害を持つ母親役には鈴木京香、妻と息子の間で苦悩する父親役は阿部サダヲが演じ、主題歌「抱きしめて」は、本作のためにさだまさしが書き下ろしています。

監督:河野圭太
主な主演:武井証/阿部サダヲ/鈴木京香
2009年全国ロードショー作品/日本映画/95分

真夏の夜の夢
p2-3

ハッピーエンドにしておくれ!

本作は『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督の最新作で、シェイクスピアの祝祭劇『真夏の夜の夢』を、沖縄を舞台にオリジナリティ溢れる世界で描く、人間と小さな島の守り神の織りなす“幸福”に満ちた物語です。

監督:中江裕司
主な出演:柴本幸・蔵下穂波・平良とみ
2009年全国ロードショー作品/日本/105分

西の魔女が死んだcrown
p2-4

おばあちゃん、人は死んだらどうなるの?

発売から十数年もの間読まれ続けてきた梨木香歩原作の大ロングセラー小説「西の魔女が死んだ」を、『八月のクリスマス』の実力派・長崎俊一監督が映画化した作品。中学に進んで間もない夏の初めに、学校へ行けなくなった少女・まいは、森で暮す“西の魔女”のもとで過ごすことに。西の魔女とはまいのママのママ、英国人である大好きなおばあちゃんから、「早寝早起き、食事をきちんととって、よく遊ぶ。そして、何でも自分で決めること」がどんなに大事かを教わる。まいは戸惑いながらも、料理、掃除、洗濯、庭づくり・・・と、毎日励んでいくが、実はその生活は、“魔女修行”の始まりだった―。

監督:長崎俊一
主な出演者:サチ・パーカー 高橋真悠 りょう
2008年全国ロードショー作品/日本/115分


rogo